クーパー靭帯が切れてしまうと小さなバストでも垂れてしまう

クーパー靭帯が切れてしまうと小さなバストでも垂れてしまう

豊かなバストというと、小さな胸に悩む女性からしてみれば憧れの的です。バストは女性らしさの象徴であり、出るところがきちんと出ていると、スタイルも良く見えます。

 

バストアップと聞くと、大抵が大豆食品やエクササイズ、マッサージやバストアップクリームを使う方法を思い浮かべると思いますが、それ以外にも重要なものがあります。

 

それは、ブラジャーです。バストが小さいのにブラジャーを着けているのなんておかしい、どうせ貧乳だから垂れないし必要ないと思っていないでしょうか。そう言う人は、恐らくフィッティングもしてもらったことがないかもしれません。バストアップに置いて、下着はとても重要です。サイズの合っていない下着をつけることは、せっかくバストアップに励んでいても、それを妨げる要因になってしまいます。また、下着を着けないことにより、日頃の運動などからバストを支えているクーパー靭帯が切れてしまい、例え小さなバストでも垂れてしまうという悲惨な結果を招いてしまいます。

 

バストアップの基本は生活習慣や食生活ですが、下着のこともきちんと考えましょう。また、自分で正しいバストサイズを測ることは難しいので、出来れば下着売り場の店員さんにサイズを測ってもらい、できればフィッティングもしてもらいましょう。フィッティングをしてもらうことにより、大抵の女性が自分が思っていたよりもバストが1〜2カップ上がったという話もあります。

 

たかがブラジャー、されどブラジャーと軽視せずに、きちんとサイズの合ったものを着用することが、実はバストアップの近道なのかもしれません。そして、ブラジャーには背中、脇からお肉をこまめに詰め直すようにしましょう。日常生活の中で脂肪は自然と外へ流れてしまい、バストになるための脂肪がきちんと定着してくれません。トイレに行った時や気がついたときに、ささっと行うようにしましょう。これだけでもバストアップ効果はあるのです。

 

もう一度、自分の着けている下着のサイズを見直してみてはいかがでしょうか。