タバコはバストアップの大敵

タバコはバストアップの大敵

タバコは昔には大人の証でした。たばこを吸っている姿はかっこよくさえも映ったもの。でも、今は時代がずいぶん変わりタバコを吸うのは迷惑、カッコ悪いとさえ思う人もいるでしょう。

 

禁煙

 

しかも、たばこは吸いだすとなかなか辞められないもの。だけどそれが女性にとって大切な胸に悪影響を与えているとしたらどうでしょう。ここではタバコが胸に及ぼす悪影響について見ていきましょう。

 

タバコは百害あって一利なし

 

タバコは当然体には良くありません。多くの人が知っているでしょう。女性の美容、健康には大敵です。タバコを吸うと体内で何が起こるのでしょうか。タバコを吸うと体の中のビタミンを破壊します。お肌の状態を悪くしますし血液の流れも悪くなります。

 

血液の流れとバストアップには大きな関係があります。血液は摂取した栄養素を体の各部位に運んでくれる役割があります。

 

バストも同様です。私たちが摂った栄養素が育乳に繋がるのです。たんぱく質を摂取するとそれが血液に運ばれ、バストに脂肪を付けて大きくしてくれます。

 

ですが、たばこを吸い血液の流れが悪くなってしまうと栄養素は運ばれにくくなります。胸を大きくするのには悪影響です。タバコにはニコチンという物質が含まれています。これは女性ホルモンに影響します。

 

ニコチンには女性ホルモンの分泌を妨げる作用があります。バストアップしたい人には悪影響です。

 

タバコを辞められない人が気を付ける事

 

体にもバストアップにも悪いのは分かったけど、依存症のある人には辞めるのが難しいものです。そこで、たばこを吸う人は普段何に気を付けるべきなのでしょうか?まず、タバコを吸うと体の中のビタミンやミネラルが破壊されてしまいます。この事から野菜類を普段から多めに摂取して不足分を補いましょう。

 

食物繊維や酵素は血液の流れを良くしてくれるので、美容や健康には大きな味方です。また、少しずつでもたばこの本数を減らすなどして血液や女性ホルモンなどへの影響も軽減していく事をめざしましょう。